[記事公開日]2019/04/17

眉間の肌荒れを防ぐには〇〇を見直すだけでいい!?

 

最近、眉間に肌荒れするんだけど・・・

 

眉間は人目につきやすい場所なので目立ってしまい

ますよね。

 

眉間にニキビなどのブツブツができたり、皮がめく

れてしまう方も多いです。

眉間は特に皮膚が薄いので肌トラブルが起きやすい部分です。

そもそも、

「なんで眉間にだけ肌荒れするのでしょうか?」

また、

「どうしたら眉間の肌荒れを防ぐことができるの

でしょうか?」

 実は、意外にも〇〇〇〇〇を見直すだけで肌荒れを予防することができるということがわかりました。

そこで今回は、眉間の肌荒れの原因予防法について

くわしくまとめました。

眉間が肌荒れする主な原因

Tゾーンである眉間は特に皮脂の分泌が多い部分です。

皮脂分泌が多いと毛穴が広がりやすく、汚れが詰まり

やすくなります。

詰まった汚れが原因で肌荒れを引き起こしてしまいま

す。

 

その毛穴の汚れをキレイに落とすことができれば肌荒

れを防ぐことができますが、クレンジングや洗顔が

不十分だと毛穴に詰まったまま残ります。

眉間は凹凸部分なので洗顔やクレンジングのすすぎ残しが多いです。

しっかりすすいでいるつもりでもシワの隙間に入り込

んでしまうと、眉間には皮脂汚れが残ったままになり

ます。

それが原因で肌に炎症が起きてニキビができやすく

なります。

 

特に、眉間の肌荒れを隠すためにファンデーション

を厚塗りしたり、何度もメイク直しすると、広がった

毛穴に詰まりやすくなります。

 

もう一つの原因は「前髪」です。

髪の毛には油分やほこりがついています。

おでこや眉間部分に前髪があたると油分やほこりが

皮膚につき、その刺激で肌荒れがしやすくなります。

 

また、肌荒れが起きなくても眉間がベタベタしている

ことはありませんか?

これは皮脂の過剰分泌によるものです。

 

皮脂の過剰分泌の主な原因は「摩擦」です。

皮脂が過剰に分泌されると毛穴に詰まったままに

なります。

その結果毛穴がどんどん広がっていきます。

メイクで眉毛のを描くときに手が眉間部分にあたるだけでも皮膚は摩擦します。 

また、眉間の部分の毛をピンセットで抜いたり、カミソリで剃ることでも皮膚が刺激をうけてしまいます。

他にも、洗顔の際にゴシゴシこすると皮脂の分泌を促してしまいます。

眉間に余分な皮脂が残っていると肌荒れだけでなく、

黒ずみの原因となります。

こちらの記事もよく読まれています。

⇒眉間の毛穴汚れが目立つ!キレイにする方法とは!?

 

眉間の肌荒れを防ぐには?

眉間の肌荒れを防ぐのは難しいことではありません。

日頃のスキンケアを見直すだけでOKです。

毛穴を清潔に保つことができれば肌荒れはおきません。

そのために大切なことはクレンジング洗顔です。

 

毛穴に詰まった皮脂やメイクをキレイに落としてあげ

ることが大切です。

 

特に眉間部分は凹凸の多い部分なので丁寧に洗いまし

ょう。

人差し指と中指の腹を使って優しくクルクル回しなが

ら上下に往復すると綺麗に汚れがとれますよ(^^)

すすぐ時はゆっくり時間をかけて丁寧に行い、すすぎ

残しのないようにしましょう。

 

また、熱いお湯は肌に負担がかかりすぎてしまいま

す。

眉間部分は特に皮膚が薄い部分で刺激をうけやすい場

所です。

必ずぬるま湯で洗いましょう。

また、毛穴がキレイになるからといって洗顔しすぎる

もNGです。

洗顔やクレンジングは多くても1日2回までにしましょ

う。

「摩擦」も肌トラブルの原因です。

洗顔の際は優しく泡で包み込むうようにして洗うのが

ポイントです。

 

最後に保湿です。

スキンケアで広がった毛穴をキュッと引き締めること

が大切です。

日頃から丁寧な洗顔クレンジングを心がけることで、眉間の肌荒れを予防することができます。

まとめ

いかがでしたか?

眉間の肌荒れにはスキンケアを見直すだけでOK

なんです。

毛穴の汚れをキレイにすれば肌荒れがおきにくく

なります。

 

実際に私もクレンジングを徹底したら毛穴がキレイな

って肌荒れしなくなりました。

 

クレンジングも成分の優しいものがおすすめです。

どれだけ丁寧に洗顔やクレンジングしても、成分の強

いものが使われているものを使えば、肌に負担がか

かってしまいます。

 

私は、↓これにかえてから肌質が劇的に変わりまし

た。

眉間がキレイになりましたよ(^^)

眉間のトラブル解決した方法とは⇒

→クリアゲルクレンズを実際に使った口コミレビュー

あなたも今日から正しいケアを始めてみて下さいね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ