[記事公開日]2019/06/13

乳液クレンジングをやめた理由!コスパ高いだけではない?

 

最近、乳液でクレンジングしてる人が多いみたいだけど・・・
どんな効果があるの?

 
 

乳液でクレンジングは、肌の負担を減らす効果が期待されているのよ。

 
 

そうなんだ~
肌にいいならやってみようかなぁ。

 
 

実は…デメリットもあるのよ。
やり方を間違えるとかえって肌に負担がかかってしまうの。

乳液クレンジングの効果や方法について詳しく解説するね!

 

乳液クレンジンングの効果

Q.乳液クレンジングとは?

A.クレンジングをつかわずに乳液のみを使用してメ

クを落とす方法です。

 

乳液でメイクが落ちるの?

 
 

乳液に含まれている油分を使ってメイクを落としていくのよ!

 

メイクに含まれる油分と乳液の油分が反応しあっ

てメイクを落としていきます。

乳液クレンジングのメリット

肌への負担が少なく、肌に潤いを与えながらメイクを落とす効果が期待されます。
その結果、乾燥を防ぐことができます。

乳液クレンジングする際の注意点

必ず油分の入ったものを使用しましょう。

乳液クレンジングは、乳液に含まれている油分によ

ってメイクを落とすので、乳液に油分が入っていな

ければメイクを落とすことはできません。

 

乳液クレンジングのやり方

【準備するもの】

・油分の多い乳液
・コットン
・化粧水

普段使用している3~4倍の量の乳液をコットン

に浸します。

そのコットンを顔にあて、ゆっくりとなじませて

いきます。

 

クルクルと円を描くようにコットンを動かすのよ!
このとき力を入れすぎないように気を付けて!

 

次に、新しいコットンに化粧水を浸して顔につ

いた乳液を軽くふきとります。

そのあといつも通りの洗顔しましょう。

 

私が乳液クレンジングをやめた理由

結論から言うと私には合わなかったです。

乳液なのでクレンジング力がかなり弱いです。

私は普段ウォータープルーフのアイラインやマスカ

ラを使っていています。

メイクが浮き上がるように時間をかけてゆっくりと

マッサージしてやっとメイクが落ちました。

 

時間があるときはいいのですが、なかなか消えない

とつい肌をゴシゴシとこすりたくなります。

でも、肌への摩擦が刺激になると肌に負担となるた

めグッと我慢です

↑これがかなりストレスでした。笑

 

さらに!

かなり多い量の乳液を使います。

毎日乳液クレンジングしていたら毎月1本では足りま

せん。

肌には優しいかもしれませんがこれではコスパが高

すぎます・・・

 

そもそも、乳液クレンジングにする理由って、クレンジングが肌に負担がかかるからよね。

 

確かに、クレンジングの多くはメイクを落とすために

肌に強い成分が配合されているものが多いです。

だから、クレンジングの後はつっぱってしまうんです

よね。

これは、クレンジングの成分が肌に必要な水分まで奪

いとってしまうからです。

 

 
でも実は、乳液クレンジングにはデメリットもあるのよ。
 

乳液クレンジングは洗浄力が弱い分、汚れが落ちきれ

なければ毛穴に詰まって黒ずみの原因になります。

また、日焼け止めの成分は乳液ではほとんど落とせな

んです。

 

メイクを落とすにはやはりクレンジングが一番です。

皮脂やメイク残しなど、毛穴に詰まる汚れのほとん

どはたんぱく質です。

 

このたんぱく質はクレンジングでないと落とせませ

ん。

肌への負担が気になるのであれば無添加のクレンジ

ングがおすすめです。

無添加クレンジングは肌への刺激を極限まで減らす

ことができます。

パラベンや石油系界面活性剤の入ったものは洗浄力は強いですが肌への負担が大きくなります。

肌に優しい無添加のものを使いましょう。

私がいくつかのクレンジングを試して一番よかった

のがフルリクリアゲルクレンズのクレンジング

す。↓リピ5本目~♪

天然の植物由来成分がたっぷり配合されているうえ

に、12項目の無添加を実現しているので肌への負

少ないです。

もう一つ決め手だったのは、美肌成分もや保湿成分も

入っているのにメイクもきちんと落ちます。

フルリクリアゲルクレンズを手にのせて軽くマッサージします。

メイク汚れがきれいに落ちました!

肌に優しいのにウォータープルーフのマスカラもき

れいにおちます。

肌に優しい成分なので安心して使うことができます

ね^^

↑フルリクリアゲルクレンズを使って1か月の写真。

美肌成分のおかげか、最近はお肌にハリやツヤがで

てきました^^

→クリアゲルクレンズを実際に使った口コミレビュー

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ